South India

インド最南端6泊7日ハイライト

マドゥライ&ケーララ

インド最南端「カニャクマリ」は東のベンガル湾、インド洋、西のアラビア海が合流する岬。 カニャクマリという名は「クリシュナ」の妹である「デヴィ・カニャ・クマリ」から取られた。 インド全国から巡礼に訪れるヒンズー教の聖地のひとつとして知られる。

インド最南端6泊7日ハイライト

マドゥライ&ケーララ州【スリランカ航空利用】

マドゥライ/カニャクマリ/コヴァラム/バックウォータークルーズ/コーチン

7Days 6Nights South India Highlight Madurai & kerala

インド四大舞踏「カタカリ」

ライトハウスビーチ(コヴァラム)

ドラヴィダ文化の神髄「ミナクシ寺院」

ヴィヴェーカーナンダ岩

パドマナバプラム宮殿

四ッ手網漁法(ケーララ伝統漁具)

ヒンズー教の聖地カニャクーマリ

ミナクシ寺院

パドマナーバスワーミ寺院

水草が覆う運河をクルーズ

【インド最南端6泊7日ハイライト】
..............................................................................................................................
1日目                             夕食つき
   空路、シンガポールよりコロンボ経由マドゥライへ移動
   UL307 SIN/CMB 0945/1105
   コロンボにて乗り継ぎ、マドゥライへ
   UL2935 CMB/IXM 1410/1510
   マドゥライ空港到着出口にて現地係員とミーティング
   夕刻:ミナクシ寺院のヒンドゥーの礼拝儀式「アールティー」を見学
                                マドゥライ泊 .............................................................................................................................. 2日目                             朝/夕食つき
   午前:マドゥライ市内観光へご案内    ヒンドゥーとムガル建築が融合した17世紀の    「ティルマライ・ナーヤカ宮殿」、花市場等を見学
   見学後、インド最南端カニャクーマリへ移動(239Km/約5時間)
   夕刻:サンセットポイントよりアラビア海に沈む夕日を見学    *ご案内はドライバーのみとなります。
                              カニャクーマリ泊 .............................................................................................................................. 3日目                             朝/夕食つき
   未明:コモリン岬よりベンガル湾から昇るサンライズを鑑賞    *ご案内はドライバーのみとなります。
   午前:カニャクーマリ観光へご案内    聖マリア教会(Church of Our Lady of Ransom)    津波モニュメント(2004年スマトラ島沖地震の津波被害の記念碑)    ヴィヴェーカーナンダ岩へボートに渡り見学    その後、お隣の南インドタミル文化における最も著名な思想家    ティルヴァッルヴァルの像へボートにて移動し見学    時間がありましたら、ローカルバザール散策へ
   午後:専用車にてコヴァラムビーチへ向かいます。(87Km/約3時間)
   トラヴァンコール王国の古都パドマナバプラム宮殿に立ち寄ります。
   コヴァラムビーチ到着後、リゾートにチェックイン                              コヴァラムビーチ泊 .............................................................................................................................. 4日目                             朝/夕食つき
   午前:トリヴァンドラム観光へご案内    パドマナーバスワーミ寺院を外観見学    *寺院はヒンズー教徒以外の方は入場見学ができません。     外観からの見学となります。    トラヴァンコール伝統建築が見られる「クティラマリカ宮殿」    19世紀インド・サラセン建築の「ネピアー博物館」(月・水休館)    考古学コレクションやトラヴァンコール王国の宮廷画家としても活躍した    ラヴィ・ヴァルマや流浪の画家ニコライ・リョーリフのコレクション他    ムガール、ラージプート、タミル、同時代の中国、日本の絵画コレクション
   午後:コヴァラムビーチにて自由行動
   【コヴァラムビーチ】    ヤシが茂る鳴き砂の黄金ビーチと青い海、新鮮な海産物    アラビア海に沈む夕日で南インド随一といわれ欧米人に人気    リゾートでのアーユルヴェーダも人気です。
                             コヴァラムビーチ泊 .............................................................................................................................. 5日目                           朝/昼/夕食つき    午前:バックウォータークルーズの玄関口アレッピーへ(約5時間)    到着後、ハウスボートにチェックイン
   1泊2日の船の旅をお楽しみください。        【バックウォーター船の旅】    ケララ州のケララとは「椰子の国」という意味。    複雑に入り組んだ水路では両側に椰子の林が続く南国情緒たっぷりの    景色が広がります。アラビア海の風を感じながらイスラム商人、大航海時代    の面影に思いをはせながらのゆっくりした船の旅です。    *ハウスボートは夜は湖畔に停泊致します。
                               ハウスボート泊 .............................................................................................................................. 6日目                           朝/夕食つき    朝食後、下船しコーチンへ移動します。(約2時間)
   到着後、コーチン市内観光へご案内    ヴァスコダ・ガマが埋葬された「聖フランシス教会」    ユダヤ人街&シナゴーク(金&土休館)    コーチン藩王とオランダ総督の邸宅「ダッチパレス」(金曜休館)    チャイニーズフィッシングネット(四ッ手漁網)
   夜:インド四大舞踏の1つカタカリダンスを鑑賞
                                 コーチン泊 .............................................................................................................................. 7日目                           朝食つき    時間になりましたら空港へ送迎致します。    空路、コロンボ経由シンガポールへ    UL166 COK/CMB 0945/1100    コロンボにて乗り継ぎ、シンガポールへ    UL308 CMB/SIN 1210/1840 ..............................................................................................................................

こちらの日程ご希望の場合はお見積り致します。
  お気軽にお問合せください。

Zipan Resort Travel Pte Ltd.

TEL 6535 8002    FAX 6535 8005

63 South Bridge Road #02-00 Singapore 058693

■シンガポールにて事前にインドビザを取得する方法■
シンガポールにてインドビザを取得するには下記の手順にてご出発までに余裕を持って申請ください。
*申請には、まずオンライ申請での登録が必要となります。
*取得に必要な時間は5営業日とされていますが確約するものではありませんのでご注意ください。
*ビザ申請中はパスポートを預けっぱなしとなりますのでご注意ください。
*シンガポールでインドビザを取得できるのは、シンガポール在住者に限ります。
 日本在住者は日本のインド大使館にて取得ください。


<インドビザ取得に必要なもの>
1.インドビザ申請用紙1枚
2.写真1枚(縦5cm x 横3.5cm)
3.グリーンカードのコピー1枚
4.パスポート(ご旅行の際に有効期限が6か月+滞在期間以上必要)
5.ビザ申請手数料

①インドビザ申請用紙について
下記サイトへアクセスして頂き、「Online Visa Application Registration」のボタンをクリックして下さい。
インドビザ申請書オンラインフォーム
②その後、フォームに沿って必要事項の記入をお願い致します。
記入事項が非常に多いです(3ページ程ございます)
下記のサイトに分かりやすい記入の見本がございますのでご参照ください。
見本サイト
記入を進めて行きますと、記入終了後に「global」か「international」かを選択する画面が出て参ります。
こちらは必ずglobalを選択してください。
その後申請書をプリントアウトし、弊社へお持ちくださいませ。(写真は貼らなくて結構です)
もしご不明点等ございましたら弊社にて申請書を作成することも可能ですが、
その際はお客様に弊社へお越し頂きたいと思います。
どうぞお気軽にご連絡下さいませ。

■インド到着ビザ取得について■
インドの到着ビザ申請にはいくつかの条件がございますのでご注意ください。
1.到着ビザ申請が可能な国籍
  フィンランド/日本/ルクセンブルグ/ニュージーランド/シンガポールの5ヵ国の方
2.到着ビザが可能なエントリーポイント
  デリー/ムンバイ/チェンナイ/コルカタ の国際空港に到着する場合に限る
3.到着ビザ代金 お一人様US$60
4.到着ビザ有効期間 30日のシングルエントリー
5.到着ビザの条件
  a)観光目的や知人訪問などの目的に限る。
  b)インドの労働ビザ保持者は到着ビザは利用不可となります。
  c)6ヵ月+滞在期間以上の有効期限のないパスポートの方は到着ビザ申請ができません。
  d)帰りの航空券やインド滞在中の十分な費用を保持していること。
  e)到着ビザは現地での延長は不可となります。
  f)到着ビザの利用は1年に2回までに限られ、
    それぞれの入国は2ヵ月以上の間隔をあけなければ適応できません。
  g)公用パスポート保持者の場合には到着ビザ申請ができません。
到着ビザの発給条件につきましては突然内容が変わる場合でも弊社は責任を負いかねます。
事前にシンガポールにてビザを取得されるほうが安心かと思います。

ミナクシ寺院

ヒンズー教の聖地カニャクーマリ

パドマナバプラム宮殿

聖マリア教会(カニャクーマリ)

ミナクシ寺院(マドゥライ)

パドマナーバスワーミ寺院

ネピアー博物館

ライトハウスビーチ(コヴァラム)

【インド最南端4泊5日ショートカット】
..............................................................................................................................
1日目                             夕食つき
   空路、シンガポールよりコロンボ経由マドゥライへ移動
   UL307 SIN/CMB 0945/1105
   コロンボにて乗り継ぎ、マドゥライへ
   UL2935 CMB/IXM 1410/1510
   マドゥライ空港到着出口にて現地係員とミーティング
   夕刻:ミナクシ寺院のヒンドゥーの礼拝儀式「アールティー」を見学
                                マドゥライ泊 .............................................................................................................................. 2日目                             朝/夕食つき
   午前:マドゥライ市内観光へご案内    ヒンドゥーとムガル建築が融合した17世紀の    「ティルマライ・ナーヤカ宮殿」、花市場等を見学
   見学後、インド最南端カニャクーマリへ移動(239Km/約5時間)
   夕刻:サンセットポイントよりアラビア海に沈む夕日を見学    *ご案内はドライバーのみとなります。
                              カニャクーマリ泊 .............................................................................................................................. 3日目                             朝/夕食つき
   未明:コモリン岬よりベンガル湾から昇るサンライズを鑑賞    *ご案内はドライバーのみとなります。
   午前:カニャクーマリ観光へご案内    聖マリア教会(Church of Our Lady of Ransom)    津波モニュメント(2004年スマトラ島沖地震の津波被害の記念碑)    ヴィヴェーカーナンダ岩へボートに渡り見学    その後、お隣の南インドタミル文化における最も著名な思想家    ティルヴァッルヴァルの像へボートにて移動し見学    時間がありましたら、ローカルバザール散策へ
   午後:専用車にてコヴァラムビーチへ向かいます。(87Km/約3時間)
   トラヴァンコール王国の古都パドマナバプラム宮殿に立ち寄ります。
   コヴァラムビーチ到着後、リゾートにチェックイン                              コヴァラムビーチ泊 .............................................................................................................................. 4日目                             朝/夕食つき
   午前:トリヴァンドラム観光へご案内    パドマナーバスワーミ寺院を外観見学    *寺院はヒンズー教徒以外の方は入場見学ができません。     外観からの見学となります。    トラヴァンコール伝統建築が見られる「クティラマリカ宮殿」    19世紀インド・サラセン建築の「ネピアー博物館」(月・水休館)    考古学コレクションやトラヴァンコール王国の宮廷画家としても活躍した    ラヴィ・ヴァルマや流浪の画家ニコライ・リョーリフのコレクション他    ムガール、ラージプート、タミル、同時代の中国、日本の絵画コレクション
   午後:コヴァラムビーチにて自由行動
   【コヴァラムビーチ】    ヤシが茂る鳴き砂の黄金ビーチと青い海、新鮮な海産物    アラビア海に沈む夕日で南インド随一といわれ欧米人に人気    リゾートでのアーユルヴェーダも人気です。
                             コヴァラムビーチ泊 .............................................................................................................................. 5日目                             朝食つき    早朝、トリヴァンドラム空港へ送迎いたします。     空路、コロンボ経由シンガポールへ    UL162 TRV/CMB 0945/1045    コロンボにて乗り継ぎ、シンガポールへ    UL308 CMB/SIN 1210/1840 ..............................................................................................................................

こちらの日程ご希望の場合はお見積り致します。
  お気軽にお問合せください。

Zipan Resort Travel Pte Ltd.

TEL 6535 8002    FAX 6535 8005

63 South Bridge Road #02-00 Singapore 058693

$